赤ちゃんの成長に合ったおしゃぶりにする

育児情報局

親子

様々な種類のおしゃぶり

赤ちゃん用品

新生児のおしゃぶり

新生児の頃の赤ちゃんは体も口もとても小さいです。その為、口にフィットして柔らかい感触のものにするようにしましょう。

生後半年経った時のおしゃぶり

生後半年くらいになると首が座るようになり寝返りも出来ます。また、歯も生えてくる頃です。この時の赤ちゃんに適しているおしゃぶりは、少し大きくある程度の固さがあるおしゃぶりにすると良いでしょう。もし噛んで破れてしまった場合にはすぐに新しいおしゃぶりにすることが大切です。

生後一年経った時のおしゃぶり

生後一年経つと大きく形も平たいものを使用しましょう。また、この時におしゃぶりをすると鼻呼吸や離乳に向けての練習にもなります。しかし、おしゃぶりが大きくなることで嫌がる赤ちゃんもでてくるので無理におしゃぶりを使う必要はありません。

口の発達を妨げないおしゃぶり

赤ちゃんの頃は、骨格がまだしっかりしていないのでおしゃぶりをして歯並びを良くする必要があります。また、最近のおしゃぶりは口の発達を妨げないものがあるので試してみてはいかがでしょうか。

おしゃぶりに関する口コミ

おしゃぶりが口から取れてなくことがなくなりました!

おしゃぶりが合っていなかったのか、口から取れてよく泣いていました。そこで、口に合ったおしゃぶりにしてみると泣くことがなくなったんです!どうやら、おしゃぶりの大きさはとても大事なようですよ。

簡単に掃除できるものが良い!

おしゃぶりは赤ちゃんの口の中に入るものなので使用する度に洗っていまいた。しかし、おしゃぶりを洗う作業は意外と手間になります。そんな時に、洗いやすいおしゃぶりを購入しました。本当に洗いやすく衛生面にも不安がないのでおすすですよ!

出っ歯防止のおしゃぶり

赤ちゃんの時におしゃぶりをしっかりとしていないと出っ歯になりやすいと聞いたので、出っ歯防止のできるおしゃぶりをつけています。手頃に手に入れることができるので試してみて下さい!

おしゃぶりでよだれの付着を減らせる

口周りのよだれの付着が多かったのでおしゃぶりを変えてみました。そうすると、驚くほどによだれが少なくなりました。おしゃぶりでこんなに変わるとはびっくりです!

様々なデザインがある

おしゃぶりを買おうと思ってお店にいくと可愛いデザインがたくさんあって悩んでしまいました。男の子でも女の子でも使えるデザインなので、この先も使えそうです。

広告募集中